本日(6月27日)の西田幾多郎輪読会について

前回は、西田と真宗(仏教)との関わりに時間を割きましたが、今回はテキストの読解(特に「行為的直観」「絶対矛盾的自己同一」)にできるかぎり重点を置きたいと思っています。

また、前回は終盤に議論が白熱して2時間半くらいになってしまいましたが、今日は基本的に1時間半(遅くとも18時までに)終了とさせていただきます。

[以上、名和達宣さんのfacebookから引用]

それでは、本日はよろしくお願いいたします。

 

講義室への入り口はこちら【要パスワード】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です